石製品紹介

  • 伊達冠石
  • 石材の種類

伊達冠石

伊達冠石

伊達冠石は宮城県丸森町で産出される安山岩で、希少価値の高い国産石材です。 通称「泥冠り(どろかぶり)」石と呼ばれることもあります。

年を経るにしたがって色合いが茶色に変化していくことが最大の特徴で、自然石風の墓石として珍重されている高級品で、世界的にも有名な銘石です。
自然石は一つとして同じ形が無いので自然風墓石、外柵も自然石を使用することで世界で一つだけのお墓になります。

通常、お墓は時間が経つと、劣化し、汚れてしまうことが多くありますが、
伊達冠石の場合は、時間が経つにつれ、墓石の持つ本来の美しさを醸し出す、まさに「味がでてくる」墓石なのです。
その独特な趣から、石の彫刻家をはじめとして、多くの造形家を魅了しています。

加工例

石材の種類

お墓をつくるとき、石の種類を気にする方は非常に多いのですが、基本的に石の善し悪しというのは、個人的な主観や趣味、嗜好に左右されます。

国産か外国産かという、産地を気にする方もいらっしゃいますが、日本の石がいいとか、外国の石が悪いということも一概には言えません。ですから、ご自身のインスピレーションを大切にし、「この石がいいな」と感じた石を選んでいただければと思います。